CAD導入の利点と選ぶ際に気を付けるべきこと


パソコン上で製図を行うソフトがCAD

現在多くの製造メーカーで、設計にCADが使われています。CADはパソコン上で行う製図のソフトであり、非常に多くのソフトが発売されています。昔から設計は手書きの製図が使われて来ました。それは定められた規格に則った書き方をされており、誰が見ても分かる図面に仕上がるのです。CADを使うとその規格通りの書き方のまま、パソコン上で作図が可能です。マウスを使い、文字や数値はキーボードから打ち込めるため、手書きよりもさらに機械的に正確に製図が行えます。定規を使って書き、間違えたところを消しゴムで消すといった作業を必要としないため、労力のコストパフォーマンスに優れたソフトとも言えるのです。

業界標準になっているソフトの互換性を意識する

CADを導入する時に気を付けるべき点は、そのCADソフトの機能を把握しておくことです。大きなくくりとしては、2D専用のCADと3Dも可能なCADに分かれており、2D専用のCADは平面で三面図を書くことはできますが、直接3Dの立体にして回転させて眺めるといったことはできません。そういう利用法が特に必要でなければ2Dのもので良いでしょう。また、業界の標準であるデファクトスタンダードになっているソフトがあり、そのソフトを使うか、もしくはそのソフトのデータ形式を扱えるCADソフトを使うのはほぼ必須になっています。そのため、フリーで全く互換性のないソフトを使ったりするのは応用が全く効かなくなるため危険なのです。導入する際には関係する会社でどういったソフトを使っているかも確認した上で、データ共有に問題のないソフトを選ぶ必要があります。

電気CADは記号を配置するだけなので設計をスムースにしてくれます。修正では、データの共有で多くの人が携われるメリットもあります。