高性能のLED照明を少しでも長く使うコツとは?


まずは一般的な寿命はどのくらいなの?

性能と長寿命が売りのLED照明ですが、どの程度の寿命があるのでしょうか。一般的なLED照明の寿命は約40000時間といわれ、年数に直すと4.5年になります。これは従来型の電球の約3000時間、蛍光管の約10000時間と比べても非常に長いものです。LED照明の場合は電球等のようにまったく点灯しなくなるのではなく、抒情に光度が暗くなっていくという形になります。具体的にこの40000時間というのは、最初の光度の70%にまで落ちてきた状態のことを指し、その後も点灯し続ける場合はあります。

弱点を把握しそれを避ける行動を!

そんなLED照明を、もっと長持ちさせたいと考えた時にはどういった行動を取ればよいのでしょうか。まずそのためには、LED照明の弱点を知る必要があります。LED照明に使われるLED素子は、熱に弱いという弱点があります。つまり、使っていない時にも電気をつけっぱなしにしていると、無駄に寿命を短くすることになります。使わない時にはこまめに電気を消す、こまめに掃除をしてホコリを落とす等の工夫が、LED照明を長持ちさせます。また、対人センサーを利用して人が居る時だけ電気を付けるようにするという方法もあります。

信頼できるメーカーの商品を買うようにしよう!

また、LED照明は回路の設計や照明に使われている部品の性能によって寿命が変化することもあります。そうしたことは外見からは分かりませんが、技術力に定評のある有名メーカーの商品であれば比較的安心できます。製作しているメーカーが一目見てあまり有名ではないと感じても、回路等の設計分野では名の知れたメーカーであることもあります。目当てのLED照明を見つけたらまずメーカーチェックをし、そのメーカーのことを良く調べてから検討するとよいでしょう。

LEDライトパネルは軽くて扱いやすい素材でできていて、各種の店舗や自動販売機を明るく照らして装飾するのに便利です。